【2023年】満月のスピリチュアルな意味とは?おすすめの過ごし方をウォークインが解説

秋は中秋の名月のお月見など、月と人の繋がりが特に強い季節として知られています。
満月が持つスピリチュアル的な意味を知れば、その大きなパワーをフルに受け取れるメリットがあります。

そこでこの記事では、満月が持つ意味や力、満月の日のおすすめの過ごし方を紹介します。
2023年の満月がいつ訪れるかについても解説するのでぜひ参考にしてください。

満月の力を活用して運気アップを目指しましょう。

このブログは、スピリチュアルカウンセラー・ウォークインのりこが精神的な豊かさを得て幸福の人生を歩むためのヒントをお届けしています。
皆さんが心地良く、機嫌良く日々を過ごせる内容を発信していきますので、定期的にチェックしてみてくださいね。

【この記事の監修者情報】
スピリチュアルカウンセラーのりこ
2歳の時、人類の意識進化をサポートするため、魂の同意の元、肉体にウォークインする。
6歳の頃、空が自分自身だということに気づいた瞬間に、地球、宇宙全体が自分自身であり、世界に存在する一切のもの・現象は一つの意識によって創造されたものだということを悟る。
このワンネスの意識と生まれ持ったサイキック能力で、ハイヤーセルフや指導霊などの高次の存在たちと協働しながら、多くの人の悩み、苦しみ、迷いを乗り越えるための糸口をワークショップ、リトリート、個人セッションを通してアドバイスしている。
2023年、著書「ウォークインが教える宇宙の真理」ヒカルランドより出版。

満月のスピリチュアルな意味とは?

満月は主に以下のような意味を持つといわれています。

  • 解放・達成・完成
  • 成長・発展
  • 女性的な美しさ
  • 浄化

それぞれ解説していきます。

解放・達成・完成

満月が持つ「解放」「達成」「完成」という意味に関しては、何も見えない新月から徐々に姿を変えていき、最終的に満月という形が完成(達成)され、その大きなエネルギーが解放されるものを表しています。
それに同調して人間の心のエネルギーも満月に向けて溜まっていき、満月の日に解放されます。
満月の日に別れるカップルは、日頃から溜め込まれていた不満のパワーがそのタイミングで解放されたといえるでしょう。

成長・発展

また満月に向けて徐々に満ちていく姿は「成長」「発展」を意味しており、知性や穏やかさを兼ね備えているという説も。
穏やかな光は女性的な意味も持ち、繰り返し満ち欠けする姿から「永遠の美しさ」を司るとされてきました。
そのため昔から女性の間では、月をモチーフとしたアクセサリーやグッズを身に付けて自身の美しさを保とうとする文化があったのです。

月の浄化作用

次に、月は浄化の意味も持つことでも知られています。
実際に満月の光には浄化作用があり、セロトニンという幸福物質を生み出すという研究結果も。
「月光浴をするとなんとなくリラックスする」という人も多いですが、月が持つ浄化効果に起因しているんですね。

そのタイミングで発散したいエネルギーに関するものを断捨離するといいでしょう。
たとえば昔の恋人からもらったものを断捨離すると、新しい恋愛に向けてのエネルギーが補充されるスペースが生まれますよね。

このように、自身を過去に縛っている物事から離れてみると月の浄化作用を効果的に活用できるでしょう。

月が恋愛に及ぼす作用

満月は恋愛に対しても大きな影響を及ぼすことで知られています。
月は感情を司る星といわれており、満月に向けて溜まったエネルギーと同時に感情のエネルギーも大きくなっていきます。
そのため、日頃からパートナーに抱いている不満や感謝など、さまざまな感情を伝えるカップルが多いといえるでしょう。
その結果破局に使ってしまうケースもあり、満月が別れの日といわれているのはこれが理由です。

そのほかにも、お互いにエネルギーが高まっている好きな人への想いを伝えるのもよく見られるケースだといえます。
かの有名な「月が綺麗ですね」という夏目漱石の告白文句も、満月の日の言葉だったかもしれませんね。

このように月のパワーは浄化や感情、女性的な美しさなど、さまざまな意味を持つとわかりました。

2023年の満月はいつ?

2023年に満月が観測される日は以下の通りです。

  • 1月7日
  • 2月6日
  • 3月7日
  • 4月6日
  • 5月6日
  • 6月4日
  • 7月3日
  • 8月2日
  • 8月31日(スーパームーン)
  • 9月29日(中秋の名月)
  • 10月29日(部分月食)
  • 11月27日
  • 12月27日

8月31日に観測されたスーパームーンは、楕円軌道の月が最も月に近くなる満月のタイミングで、おおよそ1年に1回観測されています。
月が近くにあるため、月から受け取れるエネルギーも1年間で最も大きいといえるでしょう。

また9月29日の中秋の名月は、秋の澄んだ空気や水分量など、満月が最も綺麗に見える1年に1回のチャンスです。
月の美しい光が直接届きやすいので、そのエネルギーも澄んだものとなっています。

満月は月に1回ほど訪れるため、その周期を知って後述する行動を心がけてみると運気アップにも繋がるでしょう。

満月の日のおすすめの過ごし方は?

満月の日のおすすめの過ごし方は以下の通りです。

  • 月光浴をする
  • 自身を振り返ってみる
  • 断捨離をする
  • パソコンやスマホから離れてみる
  • 自分を癒してあげる

それぞれ解説していきます。

月光浴をする

満月のエネルギーを受け取る最も効率のいい方法は月光浴をすることです。
ベランダや庭で月を眺めながらリラックスする「お月見」のようなスタイルでも十分でしょう。
月の光は細胞を活性化させるともいわれており、クレオパトラも月光浴をしていたという逸話が残っています。
スッキリした気分になったり美容にプラスだったり、特に女性には嬉しいですね。

自身を振り返ってみる

満月が「完成」「達成」という意味を持つように、自身の目標や願いが新月からのサイクルでどの程度進んだかを省みてみましょう。
次の満月に向けて新たなエネルギーが満ちていくので、それまで間違った方向に進んでいても修正すれば月のエネルギーが後押ししてくれるでしょう。
長期的な目標に対しても、満月の周期である約1ヶ月での見直しは効果的ですよ。

断捨離をする

満月は「解放」の意味を持ち、次の満月に向けて新たなエネルギーに入れ替わっていきます。
そのため、断捨離によって新たなエネルギーを取り入れていけば、満月があなたの生まれ変わりを助けてくれるでしょう。
ストレスや不満、嫌な思い出を孕むものを処分したり、今の自分に必要ないものを捨てて部屋を綺麗にすると、より満月の力を取り入れやすくなります。

そのあとにパワーストーンやアロマなど、自身にプラスになるものを取り入れるといいでしょう。
断捨離によって空いた心のスペースに月のパワーや癒しの力をたくさん取り込めますよ。

パソコンやスマホから離れてみる

パソコンやスマホの画面から発せられるブルーライトは覚醒効果があり、月よりも近い距離にあるため影響を受けやすくなってしまいます。
月からのエネルギーもブルーライトで遮られては意味がないので、満月の日の夜は電子機器から離れてみるのもいいでしょう。
これはデジタルデトックスといい、心身ともにいい影響があると科学的にも立証されていますよ。

自分を癒してあげる

満月の日は自分を癒してあげるのがより重要です。
アロマやハーブ、パワーストーンなどを用いて自身を労わってあげると、満月によって膨らみやすいネガティブも小さくできます。
それにより、次の新月で新しいチャレンジをするような構想も生まれやすいでしょう。

満月の日にやってはいけないことは?

満月の日にやらない方がいいことは以下の通りです。

  • 願いごとをする
  • 新しいことを始める
  • 嫌なことを考える
  • 寝る前に月光浴をする

それぞれ見ていきましょう。

願いごとをする

満月は「完成」「達成」を意味しているため、このタイミングで願いごとをしても思ったほどの効果は得られないでしょう。

逆に新月は「始まり」を意味しているため、願いごとをする人に大きな力を与えてくれます。
たとえ月が見えなくても、そのパワーは健在しているのです。

そのため満月の日は、新月の日から起こったいい出来事に対する感謝を示しましょう。
正しいタイミングでの行動にこそ、月は応えてくれます。

新しいことを始める

満月の意味する「達成」と照らし合わせると、この日は感謝したり自身を反省するタイミングといえます。
新しいチャレンジは新月の日に始め、満月の日にそれを振り返るサイクルを作るといいですよ。

満月の強いエネルギーで感情が増しており、重大な意思決定やチャレンジをしたくなるでしょう。

しかし満月の日は冷静さを意識し、今の自分にそれが本当に必要か考える必要があります。

嫌なことを考える

満月の日は、エネルギーの影響で特に感情が昂りやすい日でもあります。
そのため、ネガティブな思考を持つとその考えがみるみる膨らんでいってしまいます。

逆にポジティブな思考を持てば自分の可能性を活かせる準備が整うため、新しいチャレンジもうまくいきやすいでしょう。

寝る前に月光浴をする

満月の日はエネルギーが強すぎるため、その影響で睡眠不足に陥ってしまう人もいます。

眠れなくなると次の日に影響が出てしまう可能性もあるため、満月の月光浴をするなら寝る数時間前までには済ませておきましょう。
どうしても満月の日は寝られないという人は、カーテンを閉めて月の光を遮るといいですよ。

満月のスピリチュアルな意味と過ごし方まとめ

今回は、満月が持つ意味や月のパワー、満月の日にやるべきこととしてはいけないことなどを細かく解説しました。

月はそのパワーを正しく受け取れば、今までの人生を一変させられるほど大きなものです。
新月でチャレンジや願いごとをして、満月で反省や感謝をする…そんなサイクルをつくれたら、必ずあなたは1段階レベルアップするでしょう。

この記事を参考に、月の力を効率的に採り入れてみてはいかがでしょうか。

ウォークインのりこが提供するスピリチュアルイベントなどの情報は公式サイトでお知らせしています。
ウォークインのりこ公式サイトはこちら

スケジュール・お申し込みはこちら

SNSでも日々メッセージをお伝えしています。

Instagram「ウォークインのりこ」

アメブロ「ウォークインのりこ」

【この記事の監修者情報】
スピリチュアルカウンセラーのりこ
2歳の時、人類の意識進化をサポートするため、魂の同意の元、肉体にウォークインする。
6歳の頃、空が自分自身だということに気づいた瞬間に、地球、宇宙全体が自分自身であり、世界に存在する一切のもの・現象は一つの意識によって創造されたものだということを悟る。
このワンネスの意識と生まれ持ったサイキック能力で、ハイヤーセルフや指導霊などの高次の存在たちと協働しながら、多くの人の悩み、苦しみ、迷いを乗り越えるための糸口をワークショップ、リトリート、個人セッションを通してアドバイスしている。
2023年、著書「ウォークインが教える宇宙の真理」ヒカルランドより出版。

関連記事

スピリチュアルのりこ公式サイト

公式LINEで最新情報を配信中

著書「ウォークインが教える宇宙の真理」

PAGE TOP